疲れが取れない・ココロもカラダも波がある。更年期まっただ中のアラフィフライフをゆるくつづってます

アラフィフ ゆるゆるスローライフ

VOD クローザー リラックス法

弁護士ゴールドマンにうんざり!クローザーシーズン7第15話【ゆがんだ恩返し】

更新日:

【クローザー シーズン7  15話 ゆがんだ恩返し(Silent Partner)】

 

オープンニングから弁護士ピーター・ゴールドマンが登場。どんな手を使ってでもブレンダを終わらせたいゴールドマン。110クリップスのメンバー レジーと面会するためにサンクエンティン刑務所まで足を運びます。

 

そんなときに発生した殺人事件。路上に止めてあった車にジェームス・ターナー(Jロック)の死体が。しかも、Jロックが乗っていた車はコンビニ店主と孫を殺したタレル・ベイラ―名義。

 

タレル・ベイラ―殺害犯を見つけることは、自分に不利になるのに警察官としての信念があるブレンダ。財産や自己保身のために犯人逮捕の信念は曲げません。

 

法に仕える信念がない弁護士 ゴールドマン

そんなブレンダとは対照的なのが弁護士 ゴールドマン。ブレンダから「それで法に使える身なの?」と問われるほど弁護士としての信念がない。あるのはブレンダを失職させることだけ。

 

何が彼をそこまでさせるんでしょうか?

 

  • ブレンダが女性だから?
  • 優秀すぎて虫が好かない?
  • 自分のコンプレックスをブレンダが刺激するのでしょうか?

 

最終的にはロス市警とブレンダへの告訴を取り下げたゴールドマン。違法なことをしておきながら弁護士資格のはく奪や自身の行為については罪に問わないという約束を盛り込んでの告訴取り下げ。

 

しかも、『ジョンソンルール』という項目を入れることが和解案の条件だというゴールドマン。どこまでも卑屈でイヤな弁護士です。しかもよくしゃべる。

 

フィリップストローも本当に嫌な弁護士ですが、ゴールドマンも苦手です。

 

内通者が見えてきたかも・・・

【シーズン7 15話】は、重大犯罪課にいる内通者が誰なのかイヤな空気が流れます。この人は違う!と消去法で考えていくと、内通者が誰なのか絞り込める段階になってきました。

 

すべてはタレル・ベイラ―事件!タレルを自宅に送ったときに居た人物が内通者ではないでしょうか?

それにしても、ここにきて、レイダー警部の優しさや仕事への信条がよく見えてきました。そして、フリッツは公私ともにブレンダの最強のパートナーです♡

 

 

-VOD, クローザー, リラックス法
-, ,

Copyright© アラフィフ ゆるゆるスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.